カニ捕りおじさん

ケアンズでの事、この日はケアンズから
ゴールドコーストに行く予定だった
私達はホテルを出発するまでの時間
ケアンズの街中を散策しに出た
ケアンズの海岸は浅瀬のようになっていて
鳥の宝庫だ、いろいろな鳥がたくさん!
ペリカンぐらいしか私にはわからなかったけど
娘とボーっと座ってそんな鳥達を見ていたら
向こうから自転車を押してやってきたおじさん、
なんか私達のほうを見てしきりに気にするふう、
一旦は通り過ぎたのに戻ってきて、何か話しかけてきた
私は英語わからないから「?」
くりぴょんがしかたなしに「なに?」
おじさんなにか、一生懸命言ってる、
くりぴょんが「OK」と言ったらおじさん自転車を
置いてどこかへ、「なに?なに?なんだって」
「ちょっと行って来るから自転車見ててだって」
「ハア???どこへ行ったのだいじょうぶかね」
なにがだいじょうぶなんだか聞いてる方も訳がわからない
とりあえずおじさんの歩いてる方を見ると
おじさん海の方へ行くではないか
なにやら海から引き上げている
「なにしてんだろうね?」「さあ?」
「何か採ってんのかな?」「あっ!なんか袋に入れてるね?なんだ?」
「何だろうね・・・」疑問と不安だらけの母親に答えようがない娘であった、
そんな中おじさんが重そうな袋を持って戻ってきた
私達「何?何なの」と、おじさんすばやく袋を開けて見せてくれた
なんと中には蟹がそれも結構大きそうなのが何匹も、
「あっ!カニだ!すごーい」と騒ぐ私達におじさん、
シッ、シッと内緒だ、内緒だ、と言う素振り
「げっ!採っちゃいけないんじゃないの、もしかして」(¬_¬;)
とんでもないおっさんである、
これ以上かかわらない方がいいかなと思っていると、
おじさん「あんた達は何をしているんだ」「旅行」
「友達か」「え、私のお母さん」「え!お母さんか!本当か?」
思えば10年前は私とくりぴょんどこへ行っても絶対親子だと思われなかったな~、
あ~ァ、あの頃は若かった、
「ねえ、おじさんがうちにお茶飲みに来ないかってお母さんに言ってくれって」
とくりぴょんニヤニヤして言う
「お母さんのこと気に入ってるみたいよ~」
ハア~?である、気に入られてもなー、蟹盗りおじさんはおことわりである
「どうする?」「どうするって言ったって飛行機の時間もあるしね?」
と、おじさんちょっとだからいいじゃないかと誘ってくる
まあこの人そんなに悪い人には見えないし、(カニは黙って採る人だが)
こっちは2人だから平気か・・・
などと能天気に考えおじさんのところにお茶しに行く事に、
おじさんはイギリス人であること、いろいろなところに行ったとか
ここしばらくはケアンズに住んでいること、などなど話した、
もっとも話しているのは娘とおじさんだ、
オーストラリアに来てだいぶこの状態にも慣れたけど
最初は何を言っているのか気になるから一生懸命聞いていたけど
この頃は疲れるのであんた適当にしゃべっときなさい状態で
娘にまかせっきり、娘が適当に通訳してくれていた、
おじさんの家に着くと猫ちゃんがお出迎え
日本でお留守番しているぷーちゃんのことを思い出す、
動物を飼っていると言うだけで飼い主も悪い人には
思えなくなるというのは本当に不思議だけど、
私達の警戒心もここでだいぶ薄れた、
おじさんのうちは適当に広くて1人暮らしなら十分な広さであった
おじさんがマンゴーをごちそうするという
私には座って待っていろと言うのでくりぴょんと座っていたら
くりぴょんにはこっちにきてマンゴーを切れという(笑)
「エー!何で私がこんなとこでマンゴーなんか切らなきゃいけないの?ブツブツ・・・」
マンゴーをくりぴょんにまかせたおじさんは
私の前でいすに座ってニコニコしている
話も出来ないので仕方がないから私もニコニコ・・・まいったね~こりゃァ
じきにマンゴーも切れてマンゴーをつまみながらしばらく話した
日本でマンゴーって高いから食べた事ないけど
オーストラリアのマンゴーは大きくてとてもおいしい
おじさんがこれからどこか行くのか?と聞くので
これからゴールドコーストに行くと言った、おじさんは
あんなとこ面白くないからここにいればいいのになどと言っている、
私達は行ったことないから行きたいんだよー(笑)
このおじさんどうも観光客をつかまえてお友達になると言う趣味らしい
前に友達になった日本人だ、と言う人の写真などをみせてくれた
そこで私達も写真を撮って今度送ってあげると約束して、
おじさんに別れを告げた、なんだかおかしなおじさんにつかまっちゃたけど
とりあえず、こわいおじさんじゃなくて良かった、良かった、
くりぴょんはマンゴーを切らされたけどね、
どうせならカニでもご馳走してくれたらよかったのに、
などと勝手な感想で盛り上がった、
世界に出ると面白い事がいっぱいあるもんだ。
[PR]
by sunjaya | 2005-04-09 20:57
<< 山火事 ピーターフランクさんに出会った >>